読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sepia Records

観劇鑑賞感想レポメモ ネタバレ

ホストちゃんがきらいだという話。

タイトルから思い切り言い切りましたが、私は「私のホストちゃん」というコンテンツがきらいです。

今まで出演されてきた役者さんたちも、村上さんの頭からっぽにして観られるコメディな本もとても好きです。
だけどこのコンテンツがきらいです。
理由は単純に、エンターテイメントであるはずなのにあまりに多くの人が悲しんだり辛い思いをするから。

私がホストちゃんを知ったのは、舞台の初演からでした。
当時の私は久保田秀敏さんをよく観に行っていて、秀敏さんが出るなら行ってみたいなあくらいの軽い気持ちでチケットを取りました。
当日急に都合が付かなくなってチケットを流してしまったんですが、WOWOWの放送で本編を視聴しました。
ホストものコメディか~、くらいの印象だった気がする。零くん好きです

次の公演までの間には「私のホストちゃんS〜新人ホストオーナー奇跡の密着6カ月〜」というドラマが放送されていました。
こちらは舞台とは全く違うノリ。ドキュメンタリー風味のドラマ、ということでバラエティー感が強かったです。
華ちゃん可愛かったなあ。流星さんはキャラがぶれすぎてわけがわからなかった(笑)

初めて生で観劇したのは第2段の舞台、福岡中洲編です。

arashigaoka0110.hatenablog.com

当時のブログを読むとテンション高くマーケティングしてて笑います。そう、確かで生で観ると面白いんです。
ただ、私みたいな所謂多推しのような人間でさえ、1位を取れなかった流星さんを見てほんとうに辛かった。
私がもう少しラブを貢いでいたら?彼は真ん中に立つことができたのだろうか?
1位でなければならない、ということをこれほどまで痛切に感じる、そしてそれが客である私たちに跳ね返ってくる、ところまで含めたエンターテイメント。
客も見世物なんだな、なんて思いました。
(あらやんの1位はめっちゃかっこよかったし推し外したらいちばん観たかった ありがとう)

中洲編での流星さんは、続投組ということに加えて他の出演者ファンの方々からかなり警戒されていたというのに、幕が開けてみればなかなか1位が取れなくてほんとうにしんどかった。
当時の秀敏さんのブログとかツイッター、見てたけど怖くて見返せない。
秀敏さんもだけど、個人的には平田くんのブログの方がくるものがありました。
これも見返したくないんで探しには行かないんですけど、謝ってらしたんですよね。お金を積むということについて、咲夜推しのファンに向けて。
客はお金を払って役者さんを観てるのに、役者さんにそのことで謝られたくない。職業じゃないですか。
平田くんは一切悪くなくて、そう言わせるような状況を生み出しているコンテンツが悪い。
ヘイト爆増しです。
咲夜くんというか平田くんは、流星さん1位にようやくなったときに自分のことのように喜んでくれて嬉しかったなあ……ありがとうございました

finalはチケットを取りませんでした。
中洲観劇から時間が経って、やっぱりあれはおかしかったんじゃない?という気持ちが強かった
初演から追ってた友人からは今までのホストちゃんと違う、と聞いたんですがまだDVD見せてもらってません
井澤さんが見たいなぁ。とぼんやり。その内見せてもらおう。

final詐欺なんて最初からわかってたよ!!!
こんな稼げるし話題性もあるコンテンツが終わるわけがないと思ってましたけど!それは全く構わないんですけど!
時間が空いてヘイトが落ち着きましたし、そろそろまた観に行こうかなと思ってたんです最初は。
小沼くんを跡部様しか知らないからみたいなあとか、和合くんの舞台を未だ観に行けてないめっちゃ観たい!とか、ラブ貢ぐならぜったい米原さんだー!とかわくわくしてたんです最初は。

FRESH! by AbemaTV 入店テスト、という公演前の宣伝放送がありました
初参加予定なフレッシュメンバーのオーディション風景(という体)を放送して、実際に舞台に出演するメンバーを選ぶというもの。
ちょっと見てすぐにもう行かねえという気持ちで腹が膨れた
まだ名前出してないあんただよ!!!!!!
この放送を見て楽しいと思うのはどんな層なんだろ……
初参加勢の役者さんファンの方が初めてでこれ見てたら不安まみれになるんじゃないかと思った
とにかく不快でしかなかった
これだけ強烈な言葉で表現するほどのものでした、私にとっては。

なにはともあれREBORN初日おめでとうございました。
初日から企画が倒れたそうで、参加していなくても辛い気持ちでいっぱいになりました。
1位をもぎ取った方はおめでとうございます。それはその人自身の力と、ファンの方が応援した力の結果であって、素晴らしいことだと思います。

誰も何も悪くないのに、こんなにたくさんの悲しみと苦しみを生むものを、私個人としては素直にエンタメとして楽しめないです。
楽しんでる方を否定するつもりは全くありません。観に行ったからわかるけど、あれは劇場で観ると面白い作品なんです。
私だって突然観に行ってどはまりするかもしれない。これ書いてる途中でREBORNに修子さん出てることに気付いて修子さんが観たくなってる(笑)
ただ、楽しめない、という感情も否定されるようなものではないだろう、ということを言いたかったブログでした。おしまい。