Sepia Records

観劇鑑賞感想レポメモ ネタバレ全開/言いたい放題

恋するブロードウェイ♪Vol.3 -It’s Special Version-

2014/3/2 14:00~(千秋楽) EX THEATER ROPPONGI
f:id:arashigaoka0110:20161006141830j:image
EX THEATER ROPPONGIのオープニングアクトの一貫だそうで。
座席に座って思わずすげー!ってなる劇場でした
当たり前だけど広いっていいね。
そもそもの建物の大きさというか、空間的に広さを感じる。

物販はパンフとトートバッグ+ランダム缶バッチ3個+ランダム生写真1枚のセット。
Vol.2のパンフも売ってました。
パンフ、皆とってもいいショット使われてて、すごくよかった ほんとにみんないい顔してる。
画面の構成もかわいくすっきりしてて、キャストへのインタビューも無難でいいとこ3問! いいパンフです
このクオリティで普通に個人生写真売ってくれれば良かったのにと思いつつそれも難しいか

終演後ひたすら大希くんかっこいいと呻き続ける羽目に
二幕の大希くんソロ、Jesus Christ SuperstarよりSuperstar
もうこれがとにかくかっこよすぎた。
大希くんのスーパースターかっこいいなんだあれなんなんだあれ???? あれは何だったんだ??? かっこいいって自分でも面白いぐらいそればっかり呻いてる
一体この人は何者なんだと調べ直すという
買ったものの積んでた1stサポーターズDVD11とか引っ張り出して見たものの、恋ブロでの大希くんとのギャップに疑問符が飛びまくる羽目に(笑)ゆうてこれ09年発売
じろちゃんだから、というのではなく身に纏う空気が明らかに違うかんじがしたんですがそりゃ五年も経てば違いますよね
どの辺の過去出演作を見ればいいんだろうという以前に、この先ミュージカル出演する大希くんを見たい・・・・すごく見たい・・・・・
正直細かいところ覚えてないんですけど、もうとにかく、ああ、格好良い。って圧倒されてしまって。
まさにカリスマ。スーパースター。突き抜けてた。
本当にあの一回しか見れなかった聴けなかったのが悔しいつらい。
めっちゃくちゃ格好良かった。

幕間の時点で、すげーなんだこれしあわせだ・・・ っていう気持ちで一杯で。
終演後もまず最初に出たのがしあわせだ、って一言でした。
とにかく充足感で満たされる公演でした。

メインのパフォーマンスについて
みんなが結構通路後ろ際まで来るし、立ち止まるし、駆け抜けて行く!!
下手だったんですが、みかてぃ的にはナイスだったようで(後ろのお客さんが話してた)三回くらい通ったかな? というかちょうどすぐそばに停滞しててうわわわわわ・・・
大希くんも二幕冒頭とラストの二回だったかな? 下手後ろ側来てくれましたうわわわわわ

一幕もっくんソロ、SMASHよりTouch Me
スタイリッシュイケメン過ぎてミュージカル曲というよりミュージシャンのライブ
ダンスもまさにスタイリッシュ これは納得のイケメン

一幕真志さんソロ、RENTよりOne Song Groly
頭の中で時間が止まったように感じました。
なんでしょう、本当にただ聴き惚れた。
この時間が永遠に続けばいいなんて陳腐なことを素で思いました。
ここまででも十分しあわせムードだったんですけど、この曲が終わって、これはすごい公演に来てしまったぞ・・・!! と思いました。
この曲はダンスとかバックでのパフォーマンスとか何も無かったけれど、歌声一本で魅せられた。
なにか胸にこみ上げるものがあるというか、迫ってくる歌声でした。
素敵だった。惚けてた。

一幕龍ちゃんソロ、A Chorus LineよりSurprise Surprise
歌声での演技力がうおおおおおおおお!!!
ミュージカル無知なんで原曲、ましてやその曲が歌われる背景もどういう人物が歌ってるのかも何もわからないんですけど
その曲を歌う人物に入り込んでるというか、歌のその後ろ側までもが歌声を通して伝わってくるかんじ。
聴き入りました見入りました。
そしてずるい。いろいろと遊びながら歌ってて。これはずるい。

一幕菅俣くんソロ、Hedwig and the Angry InchよりWig in A Box
まず歌い出しから歌声が女性か!?!?
えっ全員で歌ってるときこんな声混ざってたっけ違うよね???ってびっくりしてたんですが
二幕菅俣くんソロ、AnnieよりTomorrow
そちらではまた全然歌声が変わってて、曲に合わせてこんなに歌声の質を変えられる人なのかとさらにびっくりしました
2曲2パターンともまた素敵な歌声をしてるんだ
透明感? という単語とはまたちょっと違う気もするんですけど澄んだ歌声で
聴いていて心地良かったです。

一番びっくりしたのは菅俣くんですけど、大希くんも一幕二幕で歌声の質を全く変えてきててとてもグッと来ました
一幕大希くんソロ、CHICAGOよりMr.Cellophane
台詞と、その台詞を引き続くかのように語り掛ける歌と、
一貫した何とも言えない悲壮感が伝わってきて、一つのエチュードを見ているような気分になりました。
この公演では歌手だけれど、それ以前に役者なんだなあと

みかてぃの話。
一幕ソロ、ノートルダムの鐘より僕の願い
二幕ソロ、My Fair Ladyより踊り明かそう
どちらの曲も、すんごく純粋で真っ直ぐな歌声だった。
まっすぐ過ぎて、変な言い方すると一人異質だった。なんというか、一人だけこなれてる感が無かった
ロングトーンでビブラートかけてなかったのはそういう曲だったからですかね?
他のみんなはとてつもなかった、見せてやろう魅せてやろうっていう迫力を感じなかった。それは演者としてはよろしくないのかもしれない。
でも、みかてぃは声質自体がまっすぐなんだけど、気持ちの込め方も人一倍まっすぐに感じて。いまたのしいんだなって。たのしくてしあわせでいっぱいなんだなって。きらきらしてた。なんかもう、それだけで、こっちまでしあわせいっぱいになってしまって
逆に言えば今のみかてぃにしかこのフレッシュさは出せないのかもなあとか。場数を踏んでいけばこの異質さは無くなっちゃうものなのかもしれない、それは演者としてはいいことなのかもしれない。
でもほんとうにミュージカルが、歌うことが大好きな人だから、この先も、歌自体に対する感情移入とか、歌ってる今がたのしい! っていう気持ちとかの真っ直ぐさは変わらないままなんじゃないかな、って思いました。

ラスト曲は客席スタンディング手拍子!!!
スタンディングはトークパートでもフラグあからさまに立ててたし、龍ちゃんだったかな? 煽ってくれたからやりやすかった
やっぱこういうのはスタンディングしないと! すっごい楽しかったーーー!!!
千秋楽だったので、それまでの公演では無かったらしいアンコール付きでした

会場設備とかの話
二幕構成で、幕間は20分とたっぷりめな休憩
トイレは綺麗だし数多いしで流石だなあというかんじ
休憩始まってから遅めに席立ったんですが、全く問題無かった

トークでも触れてたけど音響が!!!! 迫力!!!!
P列っていう後ろの方だったんですが、問題無い

先にも書きましたが、私はブロードウェイとかミュージカルとか全くの無知なんで、ほっとんど原曲わからないまま聴いてました それでもとにかく楽しくって。聴き入って。
帰宅してからそれぞれ原曲を検索しました。ソングリスト本当にありがたい。ありがとうございます。itunesで音源買っちゃった
元の作品もとても気になってて、特にJesus Christ SuperstarとRENTは時間つくって見たいなと思ってます
なかなか触れる機会の無かったジャンルだったので、こうしてきっかけを作ってもらえて嬉しいです。

本当に今回、千秋楽の一回だけにしてしまったのが惜しい。
恋ブロっていう公演の全体がすごくしあわせな時間でした。
一人一人細かく感想書けてませんし、そもそも書こうと思っても純粋にただ楽しんじゃってて詳細覚えてないんですけど
ほんとに最初から最後までしあわせな時間でした。

 

トークコーナーとか、キャストに寄ったレポっぽいもの
みかてぃの髪型がすごくかわいくまとめてもらえてた

大希くん色々ずるい
大希くん見たかんじ一番小さくて、で元気いっぱいにぴょこんぴょこん跳ね回ってる
一人だけ椅子に膝かかえて座ったり、首の傾げ方とか、とにかく動作があざとくってかわいい……
なのにかっこいいとこではむっちゃくちゃかっこいい
惚れざるをえん

唐突に始まる開演前アナウンス
一回目は最年少コンビのみかてぃ&菅俣くん
みかてぃがマニュアル説明をちょっと先輩風に諭すように喋って、それに菅俣くんが後輩風にレスポンスするという形式
海宝先輩のバラードの途中になんか鳴っちゃったら台無しですからね! 的なことを菅俣くんが言ってた

二回目はごちゃごちゃ大勢かわいい
大希くんの声が聞こえた

最初の自己紹介から始まるトークパート
並びは一番下手端から菅俣くん、法月さん、海宝さん、大希くん、真志さん、龍ちゃん、みかてぃ、もっくん、一番上手端が西川さんで合ってるかな?
メイン進行は真志さん。

今回の公演がどうスペシャルバージョンなのかという説明を託される龍ちゃん
とにかく暴走する龍ちゃんwwwwかわいいwwwwww
止めたり乗ったり楽しそうなとなりのみかたくん

菅俣くんと法月さんがどっちのせいで楽屋が汚いのか喧嘩の話
楽屋にマッサージチェアがある! スペシャル! 真志さんが主に占領している!
こけら落とし公演! じゃなかった嘘は良くない!! オープニングアクトシリーズ!!! by真志さん
初登場の菅俣くんと西川さん ちゃっかり一緒に挙手する古参最年長もっくん

博品館出れなかった再登場トリオ(龍ちゃん、みかてぃ、大希くん)
Vol.2で切られた・・・って言う龍ちゃんにその言い方やめてよ!!wwwwって言ったのどっちだったかな

小野田「恋するー??」
\ブロードウェイ!!/
小野田「小野田ー??」
\龍之介ー!!/
このコーレスをずるいずるい羨ましがるみかてぃと大希くん

二幕冒頭、一人で舞台上に出てきて物販宣伝をするみかてぃ
ピンクのトートを持ちながら、僕もこのトート青い奴もってます! って言ってたんですけど、みかてぃそれプレミアムチケットの特典やで欲しくても貰えへんやつやで
物販で買えるのはピンクのやつやで
味方「もっくんが犬の散歩にちょうどいいっていってました!!!!!!!!!」

アレやっていい? ってみかてぃ アレとは勿論
味方「恋するー??」
\ブロードウェイ!!/
味方「味方ー??」
\良介ー!!/
叫んだ

二幕冒頭の全員メドレー? かな?
龍ちゃんが下手通路すぐそこに転がって、両足揃えてピーンと伸ばしてピチピチ魚みたいに跳ねてるのに思いっきり笑ったwwww
二人ぐらいその様子を見に来て笑ってたんですけど、すぐそこに立ってておわわわした
法月さんと菅俣くんだったっかな、ピチピチ龍ちゃんに気を取られて失念しましたすみません

拍の切れ目に合わせて、ひたすら通路側の客と両手ハイタッチ無双してる全員曲があったんですけど、真ん中の通路で下手からみかてぃ上手から大希くんが鉢合わせたときに、しばらくお互い道譲らずに争った後、拍にあわせて両手ハイタッチしてた かわいい

ブロードウェイミュージカル作品タイトルで山手線ゲームをするコーナー
流れで唐突に始まるやつなんですが、毎公演やってたらしい

自信満々に「トム・ソーヤの冒険!!!」って言い放つもっくん
えっそんなのあるの!?!?wwww って皆に突っ込まれるwwww
それまでのもっくんの回答もシンデレラとか、ミュージカル以前に名を知られてるような有名どころばかりで
もっくんはここ以外でもとにかくミュージカルわかんないネタでいじられてました
そもそもさっきからこの人の回答チートだしなって言われるもっくん

(トム・ソーヤ)やってみてよの流れになって
っしゃあ~~大きな森だ~~!! とか一人でやり始めるもっくん
あっ鳥だ!! って隣にいた大希くん指差したら、上着パタパタさせながら謎の鳴き声発してはばたく大希くん
仲間になってよ!!! ってもっくんが大希くんに近寄るも、舞台中央の方に逃げられるwwww

最終的に西川さんとみかてぃのタイマンになるのが恒例になってたそう。
一番下手側の端から西川さん、みかてぃとすでに並んでいるという
その前に残ってたのは龍ちゃんでその前は大希くんだったかな?
大希くんが抜けるときの、悩みもせずに「もうないよ!!!!!!」って言って奥に下がるのがかわいかったです

タイマンになってッシャアア!!!!! って叫ぶみかてぃ
西川さんと自分指さしながら
味方「今2勝1勝なんですよ!!」
自分視点で1勝2敗って言えばいいのに(笑)わかりにくい

何回かはポンポンと続いたものの苦しくなってくるみかてぃ
ギリギリのとこで皆に54321カウントくらいながらも絞り出すみかてぃに、容赦無く即座に返す西川さん
結局みかてぃの散り際は
味方「タイタニック3アアァアアアア;;;;;;」

みかてぃが1勝出来た回が気になる
小学校の頃から舞台通いだもんなあ、すごく楽しそうに作品名を言ってるみかてぃがとてもかわいかったです

ブロードウェイの歴史の語り ロングランだとすごい公演数になるとかいう話
\僕たちは?/ \三日で四回!!!/
この流れが何回も出てきて頭に残ってしまったww

みかてぃラスト曲足がオーバーヒート気味がんばれ!(笑)

アンコール後のカテコ
大山「もうなにもありません!!!wwww」
(わちゃわちゃお辞儀のために組みだす)
西川「なんか流れたらやるよwww」
そういうのやめてwwwみたいなことを真志さんが言ってたような

大希くん、みんなは普通にお辞儀したり手を振ったりしてるのに、一人だけ拝むみたいに両手を合わせて、ありがとうございますありがとうございますって染み入るように言いながら(マイク入ってない)うろうろしてるのが、すごくつぼりました あざとい

投げキッスの大安売りなみかてぃかわいい
下手袖ぎりぎりからのもっくん投げキッスをも空気中で回収して(なんか両手ぐるぐるしてた)投げキッスし直すみかてぃ

終演後アナウンスは最年長もっくんと海宝さん
年少組→中間組→年長組なのかあ! と思ってたんですけど
パンフよく見てみたら海宝さんより大希くんの方が学年一つ上っていうwww
大希くんちゃっかり中間組に紛れてた上にですます口調で喋ってたから全く気付かなかった