Sepia Records

観劇鑑賞感想レポメモ ネタバレ全開/言いたい放題

叫べども叫べども、この夜の涯て

2016/02/24,26 六行会ホール
f:id:arashigaoka0110:20161004115950j:image
たくさん笑ってちょっとほろりな良質コメディ
このキャストで小劇場コメディ見れる贅沢さ
すごい勢いでくるマシンガン下ネタ潔くて好き(笑)
f:id:arashigaoka0110:20161004120037j:image

バーコード+レシート有タイプの物販
トート、マグネット留め具ついてるし内ポケット2つもあるし便利 ぺらっとしたトートかと思ってた
クランチチョコのメッセージメモが2人×2種類ランダムとかいう愉快な仕様 そもそも舞台の物販でクランチチョコって斬新 普通に美味しかった
当たりうさぎ?とかいうふっきーさんのメモを当てられて嬉しい!ふっきーさんの絵って絶妙にかわいい

座席のフライヤー、6号フリーペーパーが表紙だった
つだけんもふっきゅんさんもめちゃくちゃ格好良い

セットめっちゃ好みでそれだけでもわくわくした
レトロ感 廃工場のような 赤錆色 歯車と電波塔

話わかって観るとここでこんな表情してるとかいろいろわかって、初日もいい話だなあって思ってたけど2回目はさらにじーんとした

つだけんのアキヲ、周りに影響されていく主人公
きこえるかクソども!俺のマイクは100万ボルト!
元々アキヲの言葉ではないけれどやっぱりこの台詞が浮かぶ 叫びだからかな
中盤で喋れなくなるアキヲに物凄くぞっとした 喋れなさの表現の静かな凄まじさ

ふっきーさんのギンゾウ、ハイッッテンッッッションッッッッ!!!!!!!!!そして下ネタ!!!!!!!てかんじでめっちゃ笑ってた
机とずっこんばっこんしてた(笑)oh yes……えろい声の無駄……じゃない有効利用
あとやたら殴られる 被暴力体質なのかと疑った(笑)

作家とパーソナリティってコンビのたまらなさ
アキヲのモノローグ押し退けてモノローグ始めたのに結局喋らないギンちゃん
俺は書くしかできないからお前が喋るんだ 俺の言葉はお前が喋るんだ
お前が馬鹿なのは知ってるよ
こういうところから長年のコンビなかんじが滲み出ててずるいな~ってなる
ギンちゃんはわかってたんだ

はてラジで、つだけんが最後までふっきーさんと役入れ換えるかぎゃいぎゃいしてたので実際のアキヲとギンちゃんを観て成程となった
逆でもまた別でおもしろかったと思う 逆どころか乱痴気が映えそうな面子

清嵐くん、初めて拝見したんですけどめっちゃすてきな存在感の役者さん
2回目のとき、すごくすてきでした!!ってそn日が初見な見知らぬ清嵐廃コンビさん(ご本人談)に熱弁してしまった その節はすみませんでした
運ちゃんいろいろとずるすぎる

広樹さん声の使い分けが半端ない……本当にこの人は芸達者
あけみちゃん最高

声優勢の声の使い分け方がさすが凄い
こう聞かせようってちゃんと分けてるかんじがする

河合さんのシッポ、ずっと潜伏し続けてからの終盤の独壇場が凄い
たった一人で空間を支配していた 暴れまわる暴れまわる

OPの絵面がすごく印象に残っている
ぼくらの青春ってかんじがした バイクで走り出すんだ 盗んではいないけれど

ちょろりんちょドアにぶつかってたのって初日だけ?あのよろめき具合がすごい印象に残ってるかわいい
26日はぶつからないでさっさとよしって出ていっちゃったのでまさに「よしの基準がわかんねーよ!!」

ギンちゃん、イイヤマさんにははいって言うんだなあ

26日
自分で持ってたハンドルに衝突したそらんくん「あいてっ!!!」→ハンドルに向かってキレ出す
アキヲ「それどーいう仕組みなんだよ!?」

ドッグマンがわんわん叫んでるときにイイヤマもいっしょにわんわん(強そう)してるのがかわいい

26日
学生時代のアキヲがラジオで喋ってるとき、ギンちゃんがまあまあって放送部員宥めてるのがかわいい
指しーっってやるのは可愛すぎる
下段の学生たち、捌けるときに学生広樹さんが「響きがいいよな!ちんこ!」って言ってたのに吹いた

ギンちゃんとシッポに裏繋がりみたいなのがあってとてもときめいた まあギンちゃんがフラグ回収と見せかけてへし折ってたけど
26日、密会の顔の距離妙に近くてどきどきした……
君付け呼び良いなあ シッポはギンちゃんのことを憶えていた?君付けは当時のままということかな
ギンちゃんはアキヲと同様に忘れてた? 一方的に憶えてた上で声かけてたのか

26日
ギンゾウ「お前にだけは言われたくなかったよ」
なんだか泣きそうな声に聞こえた
アキヲ、ふらふらになっても喧嘩別れした直後でも喋れないってなったらギンちゃんを呼ぶのずるいよなぁ

御便りのシーン、言葉選びもその喋り方も非常に秀逸
ラジオネーム、この夜の涯て
僕の友達の弟が死にました
喋らなくなりました
喋るだけが取り柄の奴なのに喋らなくなりました
あいつになにか言ってやってくれませんか
聞いてるかもしれないんで。

残念ながら僕は元気です。
それが悲しいです
今日も飯を三杯もおかわりしました

書くことしかできないのが悲しいです

文字に起こすだけでも津田さんが紡いだ言葉の素敵さが解る
そしてこれを喋る藤原さん、ほんとうに細やかなお芝居をするひと
アキヲの言葉が止まったからギンちゃんは書いたのか

ギンちゃんの苗字不明のままだった ギンちゃんのことはほとんどなにもわからない
もふ虎の斎藤さんじゃないけど、ギンちゃんも自分のことは語らなかった人
アキヲのことを語る人

トウジ笑ってた!棺の中の笑顔見たらわかったよ、あいつは最後まで笑ってた!
笑ってなかったのはお前の方だ

ラジオから離れたドッグマン、酔った振りをしていたイイヤマ
逃げてしまった大人の狡さ
二人で笑いあうシーンに切ない渇きを感じた 彼らは今でも相棒だった

最初のラジオと最後のラジオで同じことやってるのとても素敵 同じことってちんこ連呼だけど(笑)
そして最初のお便りが最後のお便りになる
最後のバイク二人乗りゲリラ放送でくっだらねえ下ネタいうぞー!!ってところ、アキヲがギンちゃんの背中ぽんぽんって2回叩いてから二人でちんこーーーーー!!!!!って言ってたのが相棒ずるい

初日のカテコ、ギンちゃんの髪の毛がぺたっとしてたのが印象に残っている
26日は清嵐さん千秋楽ということで挨拶がありました

タイトルの意味
それでも世界の隅っこにいる夜に届けようと、叫ぶ。