Sepia Records

観劇鑑賞感想レポメモ ネタバレ

歌うたい人 Vol.2

2016/05/08 GINZA Lounge ZEROf:id:arashigaoka0110:20161010035532j:plain

非常に素敵な時間でした 終演後その場で次回公演チケットを買った

少人数ラグジュアリライヴ 今回チケット1分瞬殺で、大きいところに箱移してって話たくさん聞いたしわかるんだけど、このコンセプトならではの良さというものがやっぱりあるなあと
ピアノ生伴奏は良いですね……

大希さんほんっとうに歌声素晴らしい……抜けてる 大好きですこの歌声
Lコス出オチとか出だしなんだっけとかやらかして笑わせてくれるけど、歌声で黙らせてくる内藤さんほんとずるい

大貴くん、歌声もパフォーマンスもほんっと素敵で圧倒的
時間があっという間に感じられてしまう 1曲ごとにショーを1つ見終えたような感覚になる
拍手の大きさったらそりゃそうだ……シャンゼリゼ楽しくて楽しくて

昴くんいろいろとずるい! 飽きさせない! パワフルな歌声とパフォーマンスすてきだ~
大好きなOne song gloryが昴くんの歌声で聴けて嬉しい……

法月さんの高音が本当にすき……僕が一番欲しかったもののときのが特に なんだろうあの高音すごくこころに響くものがある

大希くんLと法ちゃん月なデスミュ曲やっばかった 二人ともほんとに演じてほしいめちゃくちゃ演じてほしい ぴったり過ぎる しばらく取りつかれてそう
大希くんのLコス写真上がらなかったの残念……
大希くん茶髪L⇔法ちゃん黒髪月 むしろツボ

◆セットリスト
Part of Your World/リトルマーメイド(法月)
One Song Glory/RENT(木村)
ゲームの始まり/デスノート The Musical(内藤)
死のゲーム/デスノート The Musical(内藤L&法月ライト)
僕こそミュージック/モーツァルト!(西川)
オー・シャンゼリゼ(西川)
Too Much Love Will Kill You/QUEEN(法月)
Lay Me Down/Sam Smith(木村)
風待ちハローワールド/ヘリP feat.初音ミク(木村)
僕が一番欲しかったもの/槇原敬之(法月&タップ西川)
君じゃない誰かなんて~Tejina~/DEEP(内藤)
じれったい/玉置浩二(西川)
銀河鉄道999ゴダイゴ(西川&木村)
始まりの詩、あなたへ/岩崎宏美(内藤)
歌うたいのバラッド斉藤和義(全員)

各曲の感想とか細々語るのも野暮なメンバーなのであんまり話してないです ただただ心地好い時間に浸っていられる
各所MCうろ覚え書き うろ覚えなのでニュアンスで

モニターが各所に用意してありますが顔を横に向ければそこにいるので ステージ近い モニター見ると勿体ないかも
ところでお客さんの手拍子のテンポが安定してて音の強弱調節もしっかりされてて、中止タイミングとか復帰スピードの速さとか諸々皆さん慣れてらっしゃる……って思っていた

立ち位置は基本
大貴くん/昴くん/法ちゃん/大希くん

◆Part of Your World(法月)
冒頭、こんなにたくさんのお客さんが来てくれて! ってライブ仕様の喋りだった!
日本語詞
法ちゃんは語りの調子がやっぱり絶妙……ノリエルさん

One Song Glory後
法ちゃん、大貴くん登場
ゲストじゃなくてメンバーになった昴くんに拍手
木村「夜しかないですからね!!!」

法月「前回きた人ー! あっいっぱいいる! でも初めての方もいますね」
木村「歌うたい人ヴァージンを増やしていきましょう!」
法月「言い方……wwこうなることはわかってた」

Part of Your Worldについて
木村「僕ディズニー大好きなんですよ!」
法月「そう裏でも喋ってた」
木村「だから嬉しいです!!!」
法月「ディズニー素敵ですよね!」

One Song Gloryについて
法月「前回僕らI'll cover youという曲を歌ったんですけど、コリンズだったからエンジェルを追悼する曲にするのかな、コリンズすごいぴったりだし。……と思ってたんですけど」
木村「その期待を全部裏切っていくっていうね!!! コリンズやるだろうなあ~と思われてるだろうなあ~と思ったので! ロジャーでございます!」

あの人がいないぞ?(笑)
西川「この人のモチベーションに負けましたwwわざわざこの場を用意しましたから」

!!!Lコスの大希くん登場!!!
めちゃくちゃ笑い起きてたしめちゃくちゃ笑った
目の下のクマも塗ってたように見えましたけどどうでしょう遠目で見たので
内藤「見てください! 裸足! キッチンぺたぺたしてた! あっ、そこキッチンなんですけど。足すぐ黒くなってこうやってた(ジーンズ裾で足裏を拭く)」

大希くんを残して捌ける3人
捌けで詰まる昴くんの背中を両手で押す法ちゃんかわいい

◆ゲームの始まり(内藤)
あっこっちだってマイク間違える大希くん
内藤「僕のやりたいことにお付き合いください」
Lコス出オチえらい笑ったけど、曲に入って喋り出したらひゅうってなった、表情も仕草もぞっとするLだった 凄いなぁ……大希くんのLほんとうに観たい
顔の横に左手を添えて喋ってるんだけどその手付きが絶妙
サビの照明が明るい緑

Game the Begin後
すごい良い雰囲気で静寂だったのに、次の曲の出だしピアノ流れてるときに
内藤「最初の歌詞なんだっけ??」
嘘でしょwwwwwww
下手ピアノのはんださんのスコア覗き込むも、どうやら歌詞が載ってなかったようで下手に引っ込む大希くん(笑)

◆死のゲーム(内藤L&法月ライト)
途中で下手から出てくる法ちゃん……!
スタンドマイクだったんですが、一番と二番で位置交換するのがずるい 迷いないかんじに歩いてすれ違う二人
そんなに間がないところだったので、すぐに二番を法月ライトさんが歌い始めるのも含めてかっこよかった
歌いながらマイク位置上げてる法ちゃん
赤い照明が印象的
二人とも歌も喋りも表情もたまらない……
焦るな落ち着け尻尾を掴ませるな、のときの法ちゃんライト、目線の彷徨わせ方がたまらなかった 続くLの歌詞通り表情は変えまいとしているかんじ

死のゲーム後
内藤「満足!!」
西川「何ですか行ったり来たり……(笑)」
法月「不満なようで……僕もこちら側ですね」
やや下手に寄る法ちゃん

内藤「(Part of Your Worldのときに)のりちょっと緊張してるな~って思って見てたんだけど、ここに立ったら緊張やばかった」

内藤「最初わかんないと歌えないんだなってわかった!!」

法月「(歌詞を)教えたの僕なんですけどね」
内藤「なんだっけ? 出だしなんだっけ?」
法月「貶せば食い付く~♪」

法ちゃん月について
内藤「月っぽいよね! 背高いし……しゅっとしてる……なのでお願いしました」

西川「じゃあ曲紹介なんかを」
内藤「次の曲ですか?」
法月「貴方の曲だよwww」

Game the Beginって大希くん紹介してたけど、日本版のトラックリストだとゲームの始まりだった
Game the Beginは韓国版のタイトルかな?

内藤「対決っぽいかんじの曲」
西川「タイトルおぼえてないのwww」
内藤「なんだっけ、対決……対決!」
法ちゃんにヘルプ出してたけど頷いてるだけだった

法月「Lって知ってます?アニメのキャラなんですけど。この人ほんとにデスノートすきなんですよ。で裸足で……説明して?」
内藤「裸足で、だぼっとしたジーンズ、こっちもだぼっとしたシャツ……」
法月「なんで茶髪? しかも昨日染めた……(笑)」
内藤「そう昨日染めたの!」
法月「なんで黒髪じゃないの!?」
内藤「染めたくって……自分の欲望に勝てなかった」
西川「韓国でLを演じた方が……」
内藤「ジュンスは緑色!」
法月「なんでも良かったんだね」
内藤「ジュンスのバラードライブで金髪だったの! であれこれ何色でもいいなって思ってね!?」

法月「まだ喉を開いてない……西川大先生にお任せします」
西川「あー(低音)オッケー(^^)」

法月「次の曲は僕の大好きな曲です!」
僕こそミュージック好きなんだ~
昴くんがマイク戻す位置間違えてわたわたしてて可愛かった

◆オー・シャンゼリゼ(西川)
「頭のおかしい男がピアノを弾いてる店などいいじゃない」
歌詞アレンジ気が利いてるなぁ
はんださん示す大貴くん(笑)
タップとピアノの掛け合い楽しい……
歌い方も遊びが多くてほんと聴いてて楽しい!

オー・シャンゼリゼ岩谷時子さんの訳したバージョンですという話を大貴くんがしてた

大希くん黒ジャケット着てた クマも取った?
たいのりこそこそしてるのかわいい
毎回MCパートで法ちゃんにマイク取ってあげる大希くん

木村「タップできるってすごいよね……! 駅で隣の人が踊り始めたらかっこよくない??」
内藤「やらない?」
木村「いや、ちょっとしかやってないから……どっちかっていうと(ラッパーみたいなノリ)」

法月「大希くん『あんな風にやりたいなぁ』って言ってて」
内藤「のりにキャラじゃないって言われた(笑)」
法月「でもあなたのキャラだからさっきの許されるんだよ?」
内藤「だめ! また甘やかし……甘やかされてるって怒られる!」

西川「そろそろ日本語に飽きてきた頃でしょうと」
法月「飽きる?ww」
木村「日本語に飽きることってある!?」
西川「洋楽パートです(^^)」

大袈裟に息整えたりしてる昴くんかわいいw
木村「機械の曲を歌います。スバロイドです(笑)」

風待ちハローワールド後
法月「これはなんですか?」
木村「これ? 譜面台です(^^)」
法月「前代未聞ですよ」
木村「あっ歌詞見てたと思ってますうー!? 違いますよー!? 僕これ見てたんですよぉー!?」
>映画ドラえもんのパンフレット<
中身開いて見せてくれる昴くん(笑)
内藤「いまやってるの?」
木村「いま!? まだやってるかな~? TSUTAYAに駆け込んでください!」

内藤「昴くんめっちゃ汗掻いてるwwww」
木村「ライブはスポーツですから!」

内藤「昴くんの汗がやばいwww」
上着で顔を拭い出す昴くんを止める法ちゃん
法月「ちっちゃい子みたい……」

西川「曲紹介を……」
法月「私か! 僕はQUEENというバンドのToo Much Love Will Kill Youを歌いました」
法ちゃんの一人称私と僕の使い分けがなんだかときめく
あと二人称が貴方なのがなんか好き
木村「スミスくんの歌ね!」
曲タイトルを言ってくれなかった(笑)

西川「初日本語じゃないですか?」
木村「あら!! 道理で馴染むと!!」

法月「なんでボカロにしたの?」
木村「えー? めっちゃいい曲だから~~(^^)」
法月「うんいい曲!」
木村「三人が絶対選ばない曲を選ぼうと思って」
法月「絶対選ばない! これパソコン? で歌うの?」
木村「パソコンが歌う時代ですよ!」
西川「歌手いらなくなっちゃう……」
木村「いやでも歌手がこうして生歌を! 生ですから! 生はいいぞ!!!!」
なんか苦笑しちゃうみんな
木村「あっそういうんじゃないwww」
内藤「でも目の前で歌手が生で歌うってやっぱり良いと思うんですよ。汗が飛ぶ距離で」
大希くんすごく真剣な調子で話してた

木村「汗飛ばしていいですか!?」
汗飛ばしサービスしてる昴くん

風待ちハローワールドはACTORSで昴くんがカバーしてる曲って話
木村「あっ買わなくていいんですけど(笑)ご興味ある方は」

西川「中盤ですよー!」
\えー!/
西川「ここからは4曲続けて行きますからね! 次のコーナーはバラードとね、アップテンポで上げてくような曲です!」
内藤「うん、わからないよね!?」

君じゃない誰かなんてについて
リハで聴いてたけどめっちゃいい曲……って言ってた法ちゃん
(ところでこの曲ジュンスさんが今年歌ってた 成程選曲……)
じれったい、皆さんが乗ってくれないと成り立たないので!って大貴くん
銀河鉄道999はこの時点ではタイトル言わないでおこうって伏せてた 皆知ってる! って大貴くん(すいません知らなかった)

捌け際、法ちゃんに譜面台差し出す昴くん
法月「いらない! 僕らは憶えてるから」

◆僕が一番欲しかったもの
西川「私がお手伝いします」
法月「リハで急遽決めたんだよね」
ステージに残る大貴くん マット移動法ちゃんも手伝ってた
「ふと気が付いて横に目をやると誰かがいるのに気付いた」の歌詞に合わせて上手の大貴くんに目線を送る法ちゃん
二番からタップでリズム刻んでくれる大貴くん
転調の高音ったらほんと好き

じれったいでグラサン装備してた大貴くん
内藤「アーティストって呼ばれたい人みたいな(笑)」
木村「前回もグラサン掛けて歌ってる曲なかった??」
内藤「あっ、あったよね! なんだっけ?」
西川「むしろ前回はずっとかけてましたね(笑)ずっとアーティストって呼ばれたかった……」
またかけようとグラサン取り出したもののうまくかけらんなくてそのまましまっちゃう大貴くんが可愛かった(笑)

西川「ないとぅーさんが『大貴はさぁ、昭和の歌手だよね』って言ってくる……(笑)誉められてんのかdisられてんのか」
内藤「誉めてる!!! めっちゃ誉めてる!!!」

内藤「吉川晃司みたいなかんじしたよね! 一周回ってかっこいいみたいな」
西川「一周回らないとかっこよくないの!?ww」
内藤「今そういうの流行ってるじゃん!」
西川「昔の曲とか流行ってますよね」

法月「私達平成の歌手だからね? 昭和なのあなただけだよ」
下手にちょっと寄る法ちゃん
内藤「(゜-゜)!?」

◆ちょいミュ
内藤「中野Pがね! 中野Pがうるせえのでやりますよ!」
例えば~って言いながら、上手から黒い丸椅子を持ってくる大希くん
内藤「僕はこの椅子を回す♪ くるくる~♪……これ回んない!? 回んなかった!?www」
座面が回らない椅子だった……よくできたコント(笑)
内藤「僕はこの椅子に座る♪ 僕はこの椅子に……フフン♪」
立て膝で椅子に乗り降りする大希くん、歌詞を降りるにできなかったのかな(笑)
はんださんが伴奏付けてくれる! 素敵!
内藤「日常のなんでもないことをミュージカルにしようっていう」

木村「フリースタイルみたいな」
内藤「深夜の! 流行らせよう! フリースタイルミュージカル! あれみたいに相手をdisって」
木村「disって!?(笑)」
内藤「どこ対戦する!? 対戦!!」
法ちゃんを引っ張ってくる大希くん
1回戦は昴くんvs法ちゃん
指でお互い挑発してるのがなんかいい……

笑い過ぎて詳細曖昧なので以下適当な内容メモ
・法ちゃん
何も出てこないのか~♪(←やたらいい歌声)
それだから歌詞も出てこない

・昴くん
完璧な法月くん
ちょっとぽしゃるとすぐに『あ゛ーイメージと違う……』
言っちゃいけないやつでした?wwwすいませえん

いやいややんないでいいでしょってWたいきを引っ張り出す昴くんと法ちゃん
内藤「もう正解出たでしょ!」
法月「一応!」
2回戦Wたいき

・大希くん
年下なのにしっかりしてる大貴くんに下に見られてる気がする
でもしっかりしてるからやっぱりちょっと好き

・大貴くん
メンズエッグネタ(笑)
服に興味がなかった僕が初めて服を自分で買いに行ったのは、ないとぅーさんから貰った雑誌のおかげ
あの薔薇のシャツ今どこにあるんですか
(内藤)押し入れの奥に埋もれてる
今度着てきてください
(内藤)それは無理 埋もれてる黒い歴史(崩れ落ちる)

僕はカリスマ……♪僕はカリスマ……♪って合いの手みたいに入れてる大希くん
カリスマにハモり始める昴くんと法ちゃん(笑)
!?って大貴くんに続けてってかんじの合図する大希くん
もうカリスマじゃないけど~♪って大貴くん
壮大なナンバーが出来てた……(笑)

法月「名曲できましたね! カリスマ!」
木村「最後の方もうカリスマじゃないって言われてるのに言い聞かせてたよね自分に(笑)僕はカリスマ……♪僕はカリスマ……♪」
名曲カリスマめっちゃミュージカルっぽかった凄いクオリティ

伴奏付けてくれるはんださんが凄い!という話
はんだ「譜面通り弾いただけなんで」
内藤「譜面ないでしょ!?」

西川「ライブも終盤ということで」
\えー!/
西川「まだ最後じゃないんで! 最後の曲ではない!」

西川「今日は何の日ですかー?」
\母の日ー!/

◆始まりの詩、あなたへ
内藤「母親には甘やかされ……甘やかしてもらってるんですけど。この曲は僕から母へっていうのじゃなくて、母が父のことをこんな風に思ってくれてたらいいなって。母の気持ちを代弁じゃないですけど、こういう風に思ってくれてたらいいなって」

法月「何喋ってたの?」
内藤「えっもっかい言うの!? ……母の日なので、これは僕が母へじゃなくて母が父にこんなこと思ってたらいいなって気持ちで歌いますって……」
法月「ふーん……いやいいこといってんだろうなあって言ってて。聞きたかったの」
内藤「えっもしかして後ろの人こいつぼそぼそなに喋ってんだよとか思ってる!?」
法月「それはないww」

ラスト曲の前に告知コーナー
法ちゃんがCSLAWをスピンオフって言ってた 4.5って どういうことだろう

COLORS
内藤「この前顔合わせしたんですけど、こんな面白い顔合わせある!? って思いました」
木村「大希くんめっちゃ面白い役なんで! こんな大希くん見たことないって役なんで!」

歌うたい人Vol.3
内藤「次は二人が来られないんですけど……」
法月「スケジュールの都合がね、でも見に行きたい!」
内藤「でも稽古休みってきいたよ~?」
法月「あんまり言うと!(笑)見に行けたらいいなって思ってます!」

内藤「内海大輔って奴が来ます! 大貴とは別の意味でアーティストなんで(笑)」

歌うたいのバラッド
一番:法ちゃん&大希くん
二番:大貴くん&昴くん
ハモりの響きが素敵……
法ちゃん高音凄いなぁ

西川「アンコールはありません! びしっと終わる! 歌うたいのバラッドが最後の曲!」f:id:arashigaoka0110:20161012210903p:plain